« C61004 | トップページ | 2018 新年 »

2017/10/23

ハギレで作る小さい手提げ袋

ちょっとだけ残った毛糸やハギレって、捨てられませんね。溜まってしまっています。

アパレルの企画は、最初にサンプルを作り、次に量産へと進めていきますが、サンプルの生地って、量産用のとは違うので、残反としてどんどんたまります。ハギレというには量が多いので、廃棄すると言われると、もったいないなーと、ついつい、もらってしまいます。

さて、来月11/11(土)-12(日)と、デザインフェスタvol.46に出店します。編み地を利用したフォトフレームを作りました。

Chs002blogblog

他にもカラフルな色や、この写真より大きめのものなど、crochet ゆみ のブログで紹介しています。 

出店って、販売用のいろいろな準備が大変で、そうだ、お買い上げ頂いたら、袋を用意しておかなきゃだわと、いろいろ調べました。100均でもいいかと思いましたが、ピタッとくるデザインがなく、いいなと思うものは、高いか、量が多いかで、困ってしまいました。

ふと引き出しを見ると、いままで溜めにためたハギレがありました。これで袋つくっちゃおうと決定。売り物じゃないのでなるべく簡単に、早く縫えるようにと考えました。

Blog

Blog_2

ミシンの腕前は、自慢できるものではないので、何個か作らないと、調子が出ません。
簡単にサクッとやろうと、始めましたが、二日間、頑張ってしまいました。

型紙は、紙にトレースしないでシーチングをそのまま利用、意外に手間がかかる持ち手は、やはりサンプルの残りのリボンや、レースを使うことにしました。

ロック糸の色変えも面倒だなと、なるべく白と黒で済むような生地を選びました。

初めは普通に四角い袋にしようと思いましたが、シーチングを触っているうちに、ついタックをとってしまいました。地の目が変わることによって、四角い袋に表情が出て面白いと思いました。


ハギレはほとんどが112c幅で、30cくらいです。端っこは切れていたりするので2個取れるかどうかです。

デザインは、縦タックと、横タックと、二つ。
メイキングメモをまとめました。

横タック
2017blog

縦タック
2017blog_2
いつもは編み物ばかりで、久しぶりの本気ミシンをやりました。楽しかったです。しかし、布帛って、糸くずだらけになりますね。
crochet ゆみ
















« C61004 | トップページ | 2018 新年 »

型紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2308758/72035401

この記事へのトラックバック一覧です: ハギレで作る小さい手提げ袋:

« C61004 | トップページ | 2018 新年 »

最近の写真